DIRECTOR

2016年入社

誰でもWebサイトを作れる時代だからこそ、デジタルマーケティング戦略を考えられる市場価値の高いディレクターを目指そうと思った。
それが、転職のきっかけでした。

前職は、小規模なWeb制作会社でディレクターをしていました。もともとはデザイナーだったため、サイト制作などモノづくりは好きでしたが、作った後の評価やユーザーの反応などが分からないことに物足りなさを感じるようになりました。また、最近はさまざまな無料ツールを使って誰でも簡単にWebサイトが作れる時代になり、このままではプロのディレクターの介在価値がなくなるのではないかという危機感も感じていました。ちょうどその頃、業界全体がデジタルマーケティングへシフトし始めたこともあり、自分自身も包括的にマーケティングを考えられるディレクターにならなければと思い、より難易度の高いプロジェクトに挑戦したく、転職を決意しました。

入社の決め手は、信頼できる上司と仲間がいること。
レベルの高い仕事をするには助け合えるチームが必要だと思い、一番誠実な社員が多かったIMJに決めました。

転職活動と前職の両立はとても苦労しました。前職がかなり多忙だったため、転職の方向性や今後のキャリアについてじっくりと向き合うことができず不安な気持ちもありました。面接は夜の時間帯で実施してもらい、たくさんの社員の方々と何度も面談を実施していただき、良いところも悪いところも全てお話していただいたので、その不安も解消することができました。業務内容はもちろんのこと、そんな温かい対応をしてくれる、信頼できる上司や仲間がいるということがIMJに入社を決めたポイントでした。同年代の女性社員とは、女性の長期的な働き方などについてもフラットに話すことができ、長期的にキャリアアップできそうだというイメージも持つことができました。また当時の世の中は、働き方改革が今ほど意識されていなかったため、仕事でのやりがいとオンオフのバランスを保てる会社かどうかということも気になりました。こういった働き方の改善は単純なタスク量調整での労働時間短縮だけでなく、困った時にすぐに相談できる信頼の置ける上司や仲間がいて、事前対策やリスクヘッジができるかが重要だと思っていたため、そういった意味でも実際にお会いした社員の方々の誠実さやIMJのカルチャーが魅力的でした。

視野の広さの違いを目の当たりにして、ディレクターとしての本当の仕事の意味を考えさせられました。
尊敬できる先輩がいる心強さと、個性的なスペシャリストがいるワクワク感!

入社して最初に驚いたのは、仕様書の厳密さでした。IMJの仕様書は見たことがないくらい細かく書かれていて……。自分の経験が全く通用しなかったです。正直あの時は少し凹みました(笑)。でも、手順やクライアントコミュニケーションのコツをしっかり教えていただいたら、その後はすぐに馴染むことができました。社内にはプランナーやデザイナー、エンジニアなどたくさんの個性溢れるスペシャリストの方々がいて、プロジェクトでも盛んにディスカッションしていることが印象的でした。またIMJのディレクターは、プロデューサーと一緒に全体戦略・施策を考えて、その方針をクリエイティブメンバーにしっかりと落とし込んでディレクションをしていました。同じディレクターでもこんなに視野の広さが違うのかと実力の差を目の当たりにしました。でも、そんな尊敬できる先輩方が周りにたくさんいる環境は毎日とても刺激的で、思っていた以上に自分の価値観が広がっていくような気がしました。

“できて当たり前” 目指していたディレクター像がいつしか自分のものとなり成長を実感!
後押ししてくれたのは、信頼できる上司やプロジェクトメンバーからの評価でした。

現在はSNSを中心にプランニングから運用まで担当しています。以前はサイト制作が中心でしたが、今は転職動機でもあったSNSなどを絡めた提案に携わり、実際にユーザーの声や反響を感じながら常にベストを尽くして取り組んでいます。最初は、ユーザーの方々から厳しいご意見もいただきました。分かっていてもマイナス評価の感想を見るとやはり落ち込みましたね。でも、その分良い評価をもらえた時はとても嬉しくて、これが自分のやりがいなんだと改めて実感しました。今では、プロジェクトメンバーからは「市村さんに任せると、ちゃんとやり切ってくれるから安心できる」という評価をいただくことが多くなりました。普段はいじられてばかりなので、高い評価をもらえると逆に疑ってしまいますが(笑)、自分では“任された仕事はできて当たり前”だと思っています。ディレクターの業務は、失敗やミスなく予算と納期を守り、より良いものを作っていくこと。今では当たり前のように感じますが、振り返ってみるとこれは、IMJに転職した当時、自分が目指していたディレクター像そのものでした。自分の視点・視座が上がり、“できて当たり前”と自信をもって言えるようになった自分に、成長を実感しています。

エージェンシーの醍醐味はクライアントとの信頼関係。
その期待や予想を超えていきたい!

クライアントはお客様であり、プロジェクトチームメンバーであるとも思っています。私は飲料メーカーのクライアントを入社時からずっと担当させてもらっているので、お客様とは毎日やり取りをしながら、また戦略についても長年の実績や経緯を踏まえて、長期目線で考えていくことができています。クライアントの担当者と同じ視点・レベルで会話ができることはエージェンシーとしての醍醐味ではあるものの、私は「客観的視点」を忘れないことを心がけています。長期的なお付き合いだからこそ、見落としや、保守的になってしまうことがないよう、常に客観的な視点で、クライアントの予想を超えていけるような提案をしていきたいです。

応募フォーム

ご応募の際に、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ(任意)のアップロードをお願いしております。以下のフォーマットをご利用ください。

履歴書をダウンロード
職務経歴書をダウンロード

採用に関するお問い合わせ

選考をご希望の方専用のお問い合わせフォームとなります。ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。