TURTLE TAXI

案件概要

タクシー乗車時の「ゆっくり走って欲しいことを運転手に伝えられない」という隠れたユーザーインサイトを発掘。それを解決する施策としてボタンを押すとゆっくり丁寧に走る「TURTLE TAXI」サービスを開発しました。(2013年12月より運行開始)

クライアント 三和交通株式会社様
キーワード UX、キャンペーン
業種 運送業
URL http://turtle-taxi.tumblr.com/

導入したサービス

新規サービス/プロモーションパッケージ開発

高度な知識や技術力を活かして生活者に驚きと感動をもたらす体験を創出していきます。

顧客体験設計 / カスタマーエクスペリエンスデザイン

顧客の求める本質的な価値を中心に製品やサービスを考える"顧客体験デザイン"が注目されています。

インサイト

タクシーは急いでいるときに利用する乗り物だと思っていませんか?

IMJが独自にアンケート調査を行ったところ、なんと76%の乗客が「ゆっくり丁寧に運転してほしいと思ったことがある」と回答しました。また、そのうち90%以上は「タクシー運転手に対して要望を伝えることに抵抗があるため、目的地に着くまで我慢している」ことも分かりました。

一方で、タクシー運転手にインタビューしたところ「ほとんどの乗客が急いでいる」と考えていることが分かりました。

IMJは、調査結果から見えたインサイトをもとに、乗客と運転手のギャップを埋める新しいコミュニケーションを模索しました。

アプローチ

新しいコミュニケーションの創造

助手席の裏面にボタンを設置し、乗客がボタンを押すと、運転手に伝わる「ゆっくりボタン」を開発。ボタンが押されたことは、車内だけでなく車外にも掲示され、周囲の車両に「ゆっくり運転中」であることを知らせます。
「ゆっくり運転」で目的地に到着した後は、エコドライブの取り組みに参加した証としてサンキューカードを乗客にプレゼント。感謝の気持ちを伝えて、リピートを促します。

施策による効果・成果

予約数:113%アップ 「ゆっくりボタン」が押された回数/ゆっくり運転の総走行距離:1,274回/4,316km 受賞歴:グッドデザイン賞 2014 Best100 グッドデザイン賞 2014 特別賞「未来づくりデザイン賞」 HCDベストプラクティス アワード 奨励賞

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

この他の導入実績

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ