光村図書出版 WEBサイトリニューアル

案件概要

光村図書出版は、主に教科書を発行している出版社です。2013年にロゴマークを制定し、それに合わせ、Webサイトを全面的にリニューアルすることになりました。IMJは「探しやすく分かりやすいサイト」を作り、情報提供の面で満足度を上げること、CIをユーザーに十分に伝えること、運用効率を改善することを目標に、全面リニューアルに取り組みました。

クライアント 光村図書出版株式会社様
キーワード CMS導入、WEB戦略立案、調査・分析
業種 文教・科学
URL http://www.mitsumura-tosho.co.jp/
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/history/index.html(みつむらhistory)

導入したサービス

Webサイト制作・クリエイティブ

Webサイト制作・クリエイティブは【アイ・エム・ジェイ】にお任せください。IMJは企業のデジタルマーケティング活動を支援いたします。

IMJ Jelly CMS導入サービス

【アイ・エム・ジェイ】マーケティング機能を備えたCMS「Jelly CMS」の導入サービスのご紹介です。IMJは企業のデジタルマーケティング活動を支援いたします。

クライアントの課題

  • デザインが込み入っており、ロゴマークが目立たず埋没している。また、CIを表すコンテンツがなく、企業姿勢やロゴマークの意味を十分に伝えきれていない。
  • 情報量は多いものの、サイト構造が複雑なため、必要な情報にアクセスしにくい。
  • 導入しているCMSの使い勝手がよくなかったため、Web担当者が日常業務に負担を感じている。

問題解決へのアプローチ

サイト構造の見直し、CIを伝えるデザインとコンテンツの強化

サイト構造を一から見直し、メインユーザーである学校の先生が使いやすいよう、コンテンツを配置しました。また、CIを考慮しながらデザイン設計を行い、シンプルな中にも温かみのある、企業のトーンを表現したデザインに一新しました。
そして、企業姿勢を伝える「みつむらhistory」という新コンテンツを制作。光村図書出版のシンボルともいえる「風車」を使用して、企業の歴史を魅力的に見せることで、CIを情緒豊かに表現しました。

運用のしやすさを重視し、「Jelly CMS」を導入

課題の一つであった、日々の運用負荷軽減のため、管理画面が使いやすく、情報集約機能に優れた「Jelly CMS」(IMJ開発)を導入することで、効率の良いサイト管理を実現しました。Jelly CMSのカスタマイズによって機能を拡充し、サイトの世界観を保ちつつ簡単に更新できる工夫がされています。

ユーザーの受け取り方を客観的に評価する「アンケートデザイン評価」を導入

決められたデザインコンセプトが新サイトの中で適切に表現できているかを確認するために、「アンケートデザイン評価」を導入。「アンケートデザイン評価」とは、デザインコンセプトから抽出したキーワードで実際にユーザーにアンケートを取り、コンセプトが伝わっているかを定量的に評価する方法です。
アンケートの結果、「信頼できる」「あたたかい」「親しみやすい」といったキーワードのスコアが高くなり、企業のデザインコンセプトを、ユーザーが体感しているという定量的な確証が得られました。

施策による効果・成果

ユーザビリティを上げ、ユーザーに企業姿勢が伝わるサイトを構築
Jelly CMSによる担当者の更新負荷軽減

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

この他の導入実績

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ