日本コカ・コーラ株式会社

日本コカ・コーラ株式会社

案件概要

IMJは、2006年より日本コカ・コーラ様の統合型マーケティングコミュニケーションにおけるデジタルエージェンシーとして、キャンペーン戦略立案からコンテンツ開発・運用を行っています。
そして、2016年からは自動販売機とスマホアプリを連携した新サービス「Coke ON(コーク オン)」において、サービス企画UIデザイン、アプリ開発、キャンペーン運営、データ解析といった多岐にわたる領域で総合的なご支援をさせていただいております。

クライアント 日本コカ・コーラ株式会社様
キーワード サービス企画支援、アプリ開発、キャンペーン運営、サービス運営
業種 飲料
URL https://c.cocacola.co.jp/app/

クライアントの課題

日本コカ・コーラ様では、販売チャネルの多様化に伴い、同社の重要なチャネルである自動販売機において、生活者との接点づくりが課題と捉えられていました。
そこでIMJでは、自動販売機チャネルの売上げ向上、ならびに自動販売機の顧客体験を再構築するプロジェクトに取り組みました。

ソリューション

日本コカ・コーラ様の強みを活かした新規デジタルサービスの構築

2016年4月、公式スマートフォンアプリ「Coke ON」をローンチ。自動販売機と「Coke ON」を接続し製品を購入すると、アプリ内にスタンプが貯まり、スタンプの数に応じてドリンクチケットが発行されるサービスを開始しました。「Coke ON」アプリを通じて、日本コカ・コーラ様が自動販売機の利用者を把握でき、生活者と自動販売機がつながり続ける接点を構築いたしました。



全国規模のプロモーション活動支援

「Coke ON」を活用し、熱中症予防のため気温と連動してアクエリアスのドリンクチケットを提供するプロモーションや、これまで主要都市の街頭やコンビニ等と連携して行っていた大量の製品サンプリングなど、日本コカ・コーラ様の全国規模のマーケティング活動をご支援しております。





データ活用による意思決定支援

「Coke ON」で取得できるユーザの購買データ、アプリ内やオンラインメディアでの行動データを、日本コカ・コーラ様がマーケティングやビジネスの意思決定に役立てる取り組みもサポートしております。



成果

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

この他の導入実績

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ