テーマ4顧客ロイヤルティ育成支援

様々な課題

顧客行動が複雑化し、従来型のマーケティング手法に変化が必要になってきている中、マーケティングにおけるデータ活用は必須となってきています。各企業、様々なデータ資産を保有してはいるが、そもそも使えるデータなのか、データとして足りているのかが分からず、データの重要性は頭では分かりつつも、どう活用していいのか分からないというのが現状です。

様々なデータ資産を保有しているが整理がつかず、全体像がつかめない

会員/顧客のコミュニティなどを運営しているが、成果が見えない

顧客とのリレーション、エンゲージメントを強化したい

保有しているデータ資産を売上向上に活用したい

顧客評価のスコアリングを活用しているが活かしきれていないと感じている

自社のマーケティングの在り方を見直し、改革してゆきたい

顧客ロイヤルティ育成支援で
成果を最大化する3ステップと関連サービス

STEP.2
同時進行

構築・開発
- 顧客体験をつくる -

利用シーンに応じた最適な顧客体験を設計しマーケティング活動に必要な仕組みを提供する

STEP.3

運用・改善支援
- 目標を達成する -

ナレッジを集積し、精度向上と円滑なPDCA運用を継続するための仕組みと体制をつくる

IMJの提供価値

企業が保有するデータ資産を統合して、顧客の特長や課題を洗い出す事で、顧客の状況・ニーズを把握し、企業がすべき顧客ロイヤルティ向上のための戦略を立案し、データを活用していくための環境構築から活用後のPDCA運用の支援までワンストップで行うことが可能です。

IMJが選ばれる理由

1. 複雑なデータを処理できるテクノロジーと分析力

複雑なロイヤルティを構成するデータを正確に分析するための、指標設計、データ統合、分析まで豊富なノウハウをもつ経験豊富なデータエンジニア/サイエンティストが担当します。特に、仕様の異なるDB/データテーブル環境下においての結合や各種スクリニーニングなどの業務も包括的に支援します。

2. 顧客の成長シナリオの可視化とエグゼキューションサポート

CRM関連の分析を通して、顧客ロイヤルティの定義、成長シナリオを可視化し、その成長を促すための策を獲ることができます。それらを元にアクティビティの推進や、オートメーションの実践を支援します。

3. 複雑なビジネス課題に合わせた最適な提案

複雑なビジネス課題を解決しようとすると、複数のテクノロジーを組み合わせる必要があります。IMJは、アドビ(PremiumPartner)、Salesforce、Googleなど複数のテクノロジーを取り扱える数少ないプレイヤーのため、豊富な知見と最適なツール提案・実装が可能です。

4. 戦略策定後のPDCA運用まで一貫したサポート

ロイヤルティプログラム策定後、ロイヤルティ向上のためのプラットフォームを構築します。構築後、定期的なモニタリングを行い、施策のチューニングを行っていくことが大切になります。IMJでは、戦略策定・プラットフォーム構築後も専任チームを組み、PDCA運用の実行を行っていくことが可能です。

顧客ロイヤルティ育成支援におけるポイント

まずはロイヤルティの指標を定義し、データを基にどのようにロイヤルティを上げていくかの戦略策定を行います。
合わせて、戦略実行していくに当たり必要な顧客育成のためのプラットフォーム構築を行います。
構築後、どう運用していくのかのPDCA設計/運用も一貫して行うことが可能です。

STEP.1:ロイヤルティ定義 STEP.2:ロイヤルティ向上戦略策定 STEP.3:プラットフォーム構築 STEP.4:PDCA運用

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

顧客ロイヤルティ育成支援
に関する資料・関連記事

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ