テーマ3デジタルマーケティング推進支援

様々な課題

ジョブローテーションが行われる企業においては専門のWeb担当者は育ちづらい環境にあります。
そのような中で、デジタルマーケティングにおけるWeb担当者の役割は増加の一途となっており、幅広い知識とスキルが求められるようになってきています。

デジタルマーケティングで成果を出せていないと感じている

施策の効果が図れず、PDCAを回せていないと感じている

デジタルマーケティング実行にあたっての最適なツールが分からない

Webサイト運営において無駄があるように感じている

レポーティングはしているが、具体的施策に落とし込めていない

Web担当者のスキルをどう伸ばしたらいいか分からない

デジタルマーケティング推進支援で
成果を最大化する3ステップと関連サービス

STEP.2
同時進行

構築・開発
- 顧客体験をつくる -

利用シーンに応じた最適な顧客体験を設計しマーケティング活動に必要な仕組みを提供する

データ基盤構築・分析
- データ活用基盤をつくる -

顧客の行動/心理を捉え、意思決定をするためのデータ収集・活用基盤をつくる

STEP.3

運用・改善支援
- 目標を達成する -

ナレッジを集積し、精度向上と円滑なPDCA運用を継続するための仕組みと体制をつくる

IMJの提供価値

デジタルマーケティングは、Webサイトの立ち上げやキャンペーン終了がゴールではなく、継続的な改善やユーザーとの関係構築に真の価値と難しさがあります。
IMJでは、データに基づいたPDCA運用を行うための業務設計からトレーニング・運用管理実行までを行います。

IMJが選ばれる理由

1. 様々な大規模サイト運営の知見

IMJでは、様々な大規模サイトでの運営支援を行ってきた知見をもとに、デジタルマーケティング推進の支援を実行します。

2. ビジネス成果を上げるためのPDCA設計

デジタルマーケティングにてビジネス成果を上げるためのKPIとPDCAサイクル設計を実行します。

3. 成果の出る施策案策定

アクセス解析レポートをレポートだけで終わらせず、改善につなげる施策案の策定とクリエイティブを実行します。

4. Web担当者の育成支援

PDCA活動に必要なスキルをチーム全体に浸透させ、安定した成果を出し続ける土台作りための支援を行うことも可能です。

5. 柔軟な体制支援

必要に応じお客様先常駐でのプロジェクト体制の構築、他社ベンダーと競合など、お客様に合わせた最適な運用体制を実現します。

デジタルマーケティング推進支援におけるポイント

デジタルマーケティング推進支援においてIMJでは、以下の点をポイントとして支援を行ってまいります。
KPI&PDCA設計からご担当者様へのPDCAスキルトランスファー、マーケティングテクノロジーの導入支援まで一貫して行うことも可能ですが、一部のみでのご支援も可能です。

STEP.1:KPI&PDCA設計 STEP.2:PDCA運用業務改善 STEP.3:デジマケ運用環境・体制構築 STEP.4:デジタルマーケティング運用 STEP.5:PDCAスキルトランスファー

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このテーマに関連した実績

デジタルマーケティング推進支援
に関する資料・関連記事

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ