テーマ2キャンペーン事務局運営

様々な課題

デジタルマーケティング推進にあたり顧客データの有効活用を出来ていない企業が多く存在します。キャンペーンで得た顧客データをマーケティング活動にどう活用していくかが重要です。

キャンペーンデータがDB化されていない

キャンペーンデータと顧客マスタが同期できていない

キャンペーンで得たデータを次回の施策に活かせていない

自社リソースがなく事務局運営ができない

事務局運営の経験が無いためノウハウがない

キャンペーンのボリュームに波があるため最適な体制を構築できない

キャンペーン事務局運営で
成果を最大化する3ステップと関連サービス

STEP.1

戦略立案
- 顧客を知り、戦略を立てる -

顧客を知り、デジタルマーケティングで成果を最大化する戦略・計画をつくる

STEP.2
同時進行

構築・開発
- 顧客体験をつくる -

利用シーンに応じた最適な顧客体験を設計しマーケティング活動に必要な仕組みを提供する

STEP.3

運用・改善支援
- 目標を達成する -

ナレッジを集積し、精度向上と円滑なPDCA運用を継続するための仕組みと体制をつくる

IMJの提供価値

キャンペーンがデジタル化したことにより運営するキャンペーン数は飛躍的に増加しています。また、一度に処理する件数も大幅に増加、大規模なものでは数百万人にも及ぶ件数への対処が必要です。
IMJでは、大規模なキャンペーンにも対応可能なノウハウがあり、繁忙期・閑散期などその時期に応じた最適なリソースプランを提供できるため、費用対効果の最大化も実現することが可能です。

IMJが選ばれる理由

1. 大規模キャンペーンへの対応

繁忙期・閑散期など時期に応じて業務量の変更が激しいため柔軟なリソース対応が必要です。IMJは、豊富なリソースを活用して最下限なチーム構成からスタートしご要望に応じてチームの体制を変更することが可能です。

2. キャンペーンデータを活用して施策に反映

Webサイトの企画・構築もIMJが行うため事務局メンバーも含めた改善に向けての施策を提案・実施対応が可能です。数回、施策を繰り返すことでキャンペーンデータを有効活用します。

3. 顧客側で業務をする人材の派遣

業務を円滑に進行させるため、ノウハウのあるメンバーを顧客側の人材として派遣することも可能です。調整役と業務の受け取り役がIMJとなるためスムーズ且つ齟齬なく対応することができます。

4. 事務局対応実績

IMJは、サイト制作・運用並びに事務局運営という形で豊富な実績があります。そのノウハウを使い、ケース毎に適切なプランをご提案できます。

キャンペーン事務局運営におけるポイント

キャンペーン運用の内容をヒアリングし、運営に必要な体制や環境などをご提案。その後、環境構築を経て事務局運営業務がスタート。運用開始後は実施内容のレポーティングを行います。

STEP.1:ヒアリング STEP.2:ご提案 STEP.3:環境構築 STEP.4:イニシャル対応 STEP.5:運用フェーズ

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ