PDCAスキルトランスファ―(トレーニング)

PDCA活動に必要なスキルをチーム全体に浸透させていくための支援をします。

サービスの概要

PDCAの実行段階では、スピーディに施策を計画・実践するとともに、検証と改善を行って施策の精度を高めていく安定したオペレーションが必要となります。

PDCAスキルトランスファ―とはその名のとおり、PDCAを実行し続けていくためのスキルとマインドを、お客様の社内に定着させる支援を行うサービスです。

PDCAの経験豊富なコンサルタントが講師となり、考え方、目的、実施の流れといった概念から、アクセス解析、A/Bテスト(※)などの実践的な効果測定の手法まで、座学とハンズオン形式のトレーニングを通じてお伝えします。 案件の遂行だけでなく、社内ご担当者様のスキルアップをサポートできるのもIMJの強みです。

  • ※WebページまたはWebページの一部をAとBの2パターン用意し、どちらがより良い結果となるかをテストする手法のことです。

サービスの提供価値

  • PDCAの実行に必要なスキルとマインドをお客様の社内のメンバーに浸透させることができます。
  • 一定量のスキルが身に付き、成果を出し続けるための安定したオペレーションが可能になります。
  • 代理店任せになっていた効果測定の分析レポートも社内で作成でき、PDCA活動を内製化できます。

サービスの特長

1. PDCAの基本からアクセス解析、A/Bテスト、SEO、ツールの操作まで
PCDA運用の目的、実施の流れといった概念的な話題から、実践で使える数字解釈の方法、検討され得る改善施策など、複数回の座学および実践トレーニングを通じて学習していただきます。 また、社内でご利用中のアクセス解析ツールやテストツールなどの操作もトレーニングに含めることが可能です。
2. 実践型のカリキュラム
座学形式のレクチャーだけでなく、ハンズオンやワークショップ形式での実践型のトレーニングメニューをご用意します。"現場で使える知識とスキル"が身に付きます。
3. 経験豊富なコンサルタントが講師
数々の現場でのPDCAを実践してきたコンサルタントが、実例を踏まえながらレクチャーします。 また、IMJが独自に作成したテキストを用いて丁寧に分かりやすく説明するとともに、受講後にテキストをお持ち帰りいただけるため、社内資料としてご活用いただけます。

サービスの流れ

まず、お客様のご要望と社内の環境についてのヒアリングを実施します。社内のご担当者様のスキルレベルに合わせて、PDCA、アクセス解析、A/Bテスト、SEOなどの対象領域を検討し、トレーニングメニューを柔軟に組み立てます。また、トレーニングの実施後にも活用できるテキストを提供します。

  • ※以下の流れは一例です。具体的なメニュー内容、対象ツール、トレーニング時間、対象人数などによって進め方が異なります。

ヒアリングの実施、トレーニング設計、トレーニング実施、テキスト資料提供の流れでサービスが提供されます

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

BACKYARD関連記事

BACKYARDは、アイ・エム・ジェイが、さまざまな案件で培った独自の知見や経験、最新のデジタル動向等をお届けするニュースメディアです。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ