顧客ロイヤルティ向上戦略策定

顧客の状況・ニーズを把握し、企業がすべき顧客ロイヤルティ向上のための戦略を立案します。

サービスの概要

「顧客ロイヤルティ向上戦略策定」では、企業が保有する店舗のPOSデータ、Webサイトのアクセス解析データ、販促イベントアンケート結果、アプリの利用履歴など、様々なデータ資産を統合して、分析し、顧客の特長や課題を洗い出します。その上で顧客の状況・ニーズを把握し、企業がすべき顧客ロイヤルティ向上のための戦略を立案します。

ロイヤルティについての解説はこちら

サービスの提供価値

  • 顧客と接点を持つデバイスやサービスなどで得られる顧客データ資産を整理・統合し、顧客育成像を可視化します。
  • 顧客とどのようなコミュニケーションをとるべきかロイヤルティ育成プログラムを策定します。
  • プログラムの中で、ロイヤルティ育成にあたり、どのような指標をモニタリングすべきか定義します。

サービスの特長

1. 複雑で大量のデータを処理できるテクノロジーと分析力
ロイヤルティを構成する複雑かつ膨大なデータを正確に分析するために、指標設計、データ統合、分析まで豊富なノウハウをもつデータエンジニア/サイエンティストが担当します。特に、仕様の異なるデータベース環境下においてのデータ結合や様々な条件を組み合わせた顧客の抽出業務も包括的に支援します。
2. 顧客の成長シナリオの可視化と実践サポート
CRM関連の分析を通して、顧客ロイヤルティの定義、成長シナリオを可視化し、その成長を促すための策を実践することができます。それらを元にロイヤルティ育成に繋げるための具体的な施策の推進や、顧客自身が新たなロイヤルティを他者に創出できるようなロイヤルティ育成自動化の実践を支援します。
3. 複雑なビジネス課題に合わせた最適な提案
複雑なビジネス課題を解決しようとすると、複数のテクノロジーを組み合わせて、データ分析を行う必要があります。IMJは、アドビ(Premium Partner)、Salesforce、Googleなど複数のテクノロジーを取り扱える数少ないプレイヤーのため、豊富な知見と最適なツール提案・実装が可能です。

導入の流れ

導入の流れ

まずはロイヤルティの指標を定義します。その後データを基に顧客の購買状況・ロイヤルティ状況を把握し、顧客属性ごとの特長を洗い出します(顧客×コンテンツなど相関分析を用います)その上で、どのようにロイヤルティを上げていくかの戦略策定を行います。

1.ロイヤルティ定義、2.購買・ロイヤルティ状況把握、3.相関関係分析の流れで戦略を策定します

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ