コンテンツマーケティング設計

顧客育成やCV増加のためのコンテンツマーケティング戦略を立案します。

サービスの概要

思いつきのアイディアに頼らず、緻密な戦略を立てることで、単純に流入を増やすだけでなく、成果につながるコンテンツマーケティングを支援します。インサイト×検索ニーズ×ベンチマークの調査結果を元に、「いつ」「誰に」「どこで」「どんなコンテンツ」を届けるか、最適なコミュニケーションを設計します。また、ゴールとKPIを策定し検証することで、コンテンツマーケティングの効果を最大化します。

サービスの提供価値

  • 潜在顧客に対するアプローチ

ターゲットの要望/疑問/悩みに対し、答えとなるコンテンツを提供することで、潜在顧客との接触を図り、ターゲットから見たサイトの価値を高めます。

  • 収益の増加に貢献

ターゲットとの関係性を構築した上で、商品やサービスを認知させ、態度変容を促すことで、最終的に収益の増加に貢献します。

サービスの特長

1.ビジネスモデルにマッチしたKPI策定と効果検証
コンテンツ単体のCVだけを見て、成果が出なかったと判断してしまいがちですが、顧客との関係を構築するコンテンツマーケティングでは、長期的な評価が必要です。IMJでは、さまざまな業界のデジタルマーケティングを支援してきた知見をもとに、サイトのゴールやビジネスモデルに合わせたKPIを策定し、コンテンツマーケティング全体の効果が正しく評価できるよう設計します。検証結果から、改善ポイントや今後の運用へ活かせる要素を抽出し、コンテンツマーケティングの効果を最大化します。
2.ターゲットが読みたいと思えるコンテンツ企画
思い付きのアイディアに頼って企画したコンテンツが、ターゲットの読みたいコンテンツに的中する確率は低いものです。ターゲットのニーズにあったコンテンツを企画するためには、まずはユーザーを知ることが大切です。ターゲットユーザーの日常に起こる出来事に対し、その時の思考や感情からどのような要望や疑問、悩みが発生し、行動を起こすのかを踏まえて、ユーザーが求めるコンテンツを企画します。
3.量から質へ。既存コンテンツのブラッシュアップ
メディアサイトの運用や早くからコンテンツマーケティングに取り組まれている方の中には、コンテンツは既にあるのに、効果が出ないとお悩みの方もいます。IMJでは、ニーズの受け皿となりそうな既存コンテンツを洗い出し、コンテンツの質を上げる施策を提案します。古くなった記事や思い付きで大量生産した記事も成果を出すコンテンツへブラッシュアップします。
4.制作コンテンツの優先順位付けとロードマップ作成
新しいコンテンツを公開できる量や頻度は、企業のリソースによって異なります。一度に公開できる量が少なければ少ないほど、どのコンテンツから作るべきか優先順位を付けることが重要です。本サービスでは、調査結果から集客のインパクト、競合優位性、イベントカレンダーを踏まえ、コンテンツ作成の優先順位を提案します。また、公開タイミングや検証項目を考慮し、コンテンツマーケティングを推進するためのロードマップを作成します。

サービスの流れ

顧客のインサイト・検索ニーズ、競合の保持するコンテンツを分析し、必要なテーマを洗い出します。テーマに沿ったコンテンツが既にあれば見直しが必要かを判定し、コンテンツが無ければコンテンツ案を企画します。コンテンツリストに対し、制作の優先順位を決定し、ロードマップを作成。企画案に沿ってコンテンツを作成し、公開時期に沿って効果検証を実施します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ