競合パネル分析サービス

競合サイトの集客状況やCV率などの各種数値を明らかにする競合調査

サービスの概要

中長期的なWEB戦略の立案時や、サイトリニューアルの方針策定時に、
よく用いられる分析フレームワーク「3C分析」の「Competitor(競合分析)」部分に該当する調査です。
閲覧履歴の提供許諾を得ている数十万人規模の「パネルデータ」を活用することで、通常は知ることのできない競合サイトの集客状況やCV率などのパフォーマンスを「定量的」に把握することが可能となります。

競合パネル分析サービスの概要

サービスの提供価値

  • 競合サイトのCV率や各種指標の値はどれくらいなのか?自社の数値は競合と比べ高いのか低いのか、を明らかにします。
  • 分析結果から自社の弱点を抽出し、「優先的に改善すべき箇所」「ベンチマークするべき競合」「目標値の目安」など、今後の改善方針を策定します。

サービスの特長

1. サイト側の設定作業は一切不要
外部に蓄積されるログを用いた分析のため、自社サイトに計測タグを設置するなどの設定作業は一切不要。 すぐに分析を開始することができます。
2. 過去のデータも分析が可能
過去のデータも蓄積されていますので、直近半年や、直近1年などのデータで分析することができます。
3. ドメインやコンテンツのグルーピングも柔軟に可能
ドメインのグルーピングや、コンテンツのグルーピングが柔軟にできるため、 各サイトを互いに同じようなレベル感となるように母数や、階層、カテゴリの定義を揃え、極力同等な状態として各種指標を横並びに比較することができます。
4. スマホサイトの分析も可能
PCサイトの分析に加え、スマホサイトの分析も行えるようになりました。

サービスの流れ

まず、分析行う上での各サイトのドメイン定義、CVポイントの定義、流入経路の定義、指標・区分の定義などについて整理を行い、各サイトを横比較できるようにするための分析条件定義を行っていきます。
その後、中間報告として、基本計数および流入元一覧をレポーティングさせていただき、気になる箇所や、深掘りポイントのすり合わせを行います。
定量的な分析結果と、ギャップがある部分についての定性分析を踏まえ、改善方針をまとめご報告させていただきます。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

競合パネル分析サービス
に関する資料・記事

成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ