競合パネル分析サービス

競合サイトの集客状況やCV率などの各種数値を明らかにする競合調査

サービスの概要

競合パネル分析サービスは、競合サイトの状況を定量的に分析するサービスです。WEB戦略立案でよく使用される分析フレームワーク「3C分析」の「Competitor(競合)分析」部分に該当します。 競合サイトのCV(コンバージョン)率や各種指標の値はどれくらいなのか、⾃社の数値は競合と⽐べ⾼いのか低いのかを明らかにします。 分析結果から⾃社の弱点を抽出し、「優先的に改善すべき箇所」「ベンチマークにするべき競合」「⽬標値の⽬安」など、 今後の改善⽅針を策定します。

IMJの競合パネル分析サービス3つの強み

①柔軟なグルーピングが可能!

解析ツールでは難しいドメインのグルーピングや、コンテンツのグルーピングに柔軟対応が可能です。 各サイトを互いに同じようなレベル感となるように母数や、階層、カテゴリの定義を揃え、極力同等な状態として各種指標を横並びに比較することができます。

②定性で終わらない、徹底的な定量分析

通常の競合サイト調査では、サイトレビューやユーザーテストなど定性調査で終わってしまいますが、本調査では閲覧履歴の提供許諾を得ている数十万人規模の「パネルデータ」を活用することで、競合サイトのCV率など定量的な数値にまで言及して分析することが可能となります。

③PCにはない特徴を考慮したスマホ対応の分析

サイト閲覧・購買の主流が本格的にスマホへ移行しており、スマホからのサイトアクセスは、利用シーンや画面の狭さなどを考慮する必要があります。スマホ対応で包括的な分析が可能です。

■サイト側の設定作業は一切不要
外部に蓄積されるログを用いた分析のため、自社サイトに計測タグを設置するなどの設定作業は一切不要。 すぐに分析を開始することができます。
■過去のデータも分析が可能
過去のデータも蓄積されていますので、直近半年や、直近1年などのデータで分析することができます。

サービスの流れ

step1 サイト定義

まず、分析を⾏う上での各サイトのドメイン定義、CVポイントの定義、流⼊経路の定義、指標・区分の定義の整理を⾏い、 各サイトを横⽐較できるようにサイト定義を⾏っていきます。サイトの⺟数定義、CVの定義、サイトファネルの定義、コンテンツカテゴリの定義 など、⽐較分析に⾏う上での各種定義を⾏います。

step2 データ加工・集計

基本計数レポート、流⼊元⼀覧、検索ワード⼀覧 など、サイト定義に基づき、パネル データの抽出・加⼯を⾏います。 また中間報告を実施し、気になる箇 所や、深掘りポイントのすり合わせ を⾏います。

step3 最終報告

コンバージョンファネルの⽐較 、重複訪問者のCV率⽐較 、コンテンツCV貢献度の⽐較 など深掘り結果を加え、定量的な 分析結果を共有。ギャップがある部分についての定性分析も加え、改善⽅針をまとめてご報告させていただきます。

アウトプット事例

基本計数

競合サイトと比べて、訪問数はどうか? CV率はどうか? リピート率はどうか? 月次のトレンドはどうか? など、基本的な数値について競合と比較し、ギャップが見られるかどうかの分析を行っていきます。

流入分析

各サイトは、どうやって訪問者を目的のコンテンツへ誘導しているのか? 各社の集客状況を詳細に分析し、他社とのギャップから集客面における改善課題の抽出を行っていきます。

サイト内分析

各サイトのパフォーマンスを横並びで比較。他社と自社のファネル比較し、ギャップを把握することで、自社サイトの改善の余地を抽出していきます。また競合サイトではどのようなコンテンツがCVに貢献しているのかなどの深掘り分析も行っていきます。

サービス資料ダウンロード

サービスの紹介資料・事例やアウトプットサンプルをダウンロードいただけます。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

サービスを探す

  • オウンドメディア集客ツール LINEビジネスコネクト マストバイキャンペーン
  • DMIQ デジタルマーケティング診断サービス
  • 全国駐車場データベース事業
  • SmooPA(スムーパ)

成果をもたらすデジタルマーケティング構築フロー

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ