日本企業におけるNPS®導入の実態把握調査
- 約8割がNPSの効果を実感、分析内容と組織体制がカギ -

2018.06.08
株式会社アイ・エム・ジェイ

デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)は、「日本企業におけるNPS®導入の実態把握調査」を実施し、調査結果を発表いたしました。

2016年11月に続き、日本企業でNPSがどの程度導入されているのか、どのような活用をされているのか実態を把握すべく調査を実施いたしました。

「顧客との関係性を測る指標の導入状況調査」(2016年11月調査)はこちら

調査結果概要

前回の調査と比べて、日本企業におけるNPSの導入はわずかながら増え、約10%となりました。依然として顧客満足度を指標としている企業の方が多いものの、顧客満足度の割合はやや減少しており、顧客満足度の代わりにNPSを導入するという企業が増えてきているのかもしれません。
NPSの効果を感じている回答者は約8割と多く、NPS導入による変化として「顧客の声を聴く文化ができた」との回答が多く見られました。この文化の醸成は顧客ロイヤルティ向上の取り組みの基盤となるため、とても重要なことであるとIMJは考えます。また、調査結果からは、NPSの効果実感には分析内容や組織体制にもポイントがある様子がうかがえました。

一方、NPS活用において課題を抱えている回答者も多く、調査設計や分析について、組織体制や社内の理解不足などさまざまな課題の声が上がりました。どのようなNPSの活用方法が適しているのか模索しながらも、顧客ロイヤルティに対して高い意識を持ち取り組んでいる企業が多いようです。

調査概要

  • 調査方法      : インターネットリサーチ
  • 調査地域      : 全国
  • 調査対象      : [事前調査] 20歳以上の顧客戦略・自社のマーケティングに携わる有職者             [本調査]  NPSを指標として導入している方
                ※調査会社が保有している調査パネル
  • 有効回答数     : [事前調査] 6,420サンプル
                [本調査]  297サンプル
  • 調査日時      : [事前調査] 2018年4月16日(月)~4月17日(火)
                [本調査]  2018年4月18日(水)~4月19日(木)

調査結果詳細はPDF版でご覧いただけます。

下記よりPDF版をダウンロードいただけます。

  • ※NPSとは、ロイヤルティマーケティングの権威であるフレデリック・ライクヘルド氏が提唱している、顧客との関係性(カスタマーロイヤルティ)を測る指標です。
  • ※Net Promotor Score®及びその略称であるNPSはベイン・アンド・カンパニー及びフレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

株式会社アイ・エム・ジェイについてhttps://www.imjp.co.jp/

世界最大級の総合コンサルティング会社であるアクセンチュア グループのデジタルエージェンシーとして、「REINVENTING THE EXPERIENCE」をスローガンに、最良の“体験価値創出”に関わる企業活動全体を、デジタル戦略コンサルティング、コミュニケーションプランニング、アナリティクス、テクノロジー、クリエイティブそれぞれの領域におけるトップタレントがワンチームとなり、戦略から実行まで「END TO END」で支援いたします。

  • ※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
  • ※この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ

本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ