デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査

2015.03.31
株式会社アイ・エム・ジェイ

デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査
—Web・デジタルマーケティング施策の効果 5割が「期待以下」—

株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:竹内 真二 以下、IMJ)は、「デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査」を実施いたしました。
調査期間は2014年11月17日~11月18日、有効回答数は340名から得られました。

調査の狙い

近年、モバイル端末市場全体ではスマートフォン利用者が増加し、日々新たな技術が生み出されるなか、企業におけるデジタルマーケティングの重要性が益々大きくなっています。IMJでは、企業のなかでデジタルマーケティングを推進しているマネジメント層および現場担当者の業務実態調査を実施することで、課題の抽出と、その課題が生み出される要因についての考察を行いました。

調査のトピック

  • 施策のKGI/KPI設定が課題
  • 「日々の決まった業務ばかりで戦略的取組が出来ていない」が戦略実行における課題のトップ
  • デジタルマーケティングの鍵は「人」「組織・体制」
  • 「部署間の壁」「同じ施策の繰り返し」で現場とマネジメント層に戦略課題の認識ギャップ
  • 現場は「人的リソース・体制」に、マネジメント層は「データの取得と活用」に課題
  • 「ビッグデータの分析・活用」は全体の3分の1に留まる
  • Web・デジタルマーケティング施策の効果 5割が「期待以下」

調査結果詳細

調査概要

  • 調査方法 : インターネットリサーチ
  • 調査地域 : 全国
  • 調査対象 : 20~69歳の男女 ※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数 : 340サンプル
  • 調査日時 : 2014年11月17日~11月18日

回答者属性

役職(n=340)

従事している業務(n=340)

調査レポートダウンロード

下記よりPDF版をダウンロードいただけます。

PDF版をダウンロード(688KB)

本件に関するお問い合わせ

本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ