IMJ調査レポート「インターネット動画の視聴・シェア実態調査」

2014.11.27
株式会社アイ・エム・ジェイ

IMJ調査レポート
インターネット動画の視聴・シェア実態調査
‐3人に1人がネット動画のシェア経験あり‐

株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:櫻井 徹 以下、IMJ)は、「インターネット動画の視聴・シェア実態調査」を実施いたしました。
調査期間は2014年10月9日~10月10日、有効回答数は1,113名から得られました。

調査の狙い

パソコン・スマートフォンの普及と、屋内外のインターネット環境が整備されたことにより、誰でもインターネット動画(以下ネット動画)を楽しむ事や、気にいった動画をSNSでシェアしたり、シェアされた動画を楽しむ事が日常的になってきています。

そこでIMJでは、ネット動画の視聴とシェア状況の実態をつかむべく、アンケート調査を行いました。
今回は、性年代ごとの差に焦点をあてた調査結果を発表いたします。

調査のトピック

  • ネット動画はパソコンでの視聴が主流
  • 視聴時間は若年層ほど、そして男性ほど長くなる傾向
  • パソコンと比べ、スマートフォン、タブレットでの視聴は短くなる傾向
  • 視聴時間帯は、20-21時台が約半数、22-23時台も4割以上
  • ネット動画視聴タイミング1位は圧倒的に「自宅で暇な時」
  • 視聴のきっかけ、「自発的に検索して視聴」が主流、「他のWebサイトを見て」「SNSで見かけて」も 約3割
  • ポジティブな内容の動画は、シェア傾向が高く、視聴誘引の鍵
  • 「音楽・ライブ」と「一般ユーザーが撮影/編集した動画」の人気が高く、シェア傾向も高い
  • 約4割がネット動画のシェア経験あり
  • シェア経験者はスマホでの視聴が多い

調査結果詳細

調査概要

  • 調査方法 : インターネットリサーチ
  • 調査地域 : 全国
  • 調査対象 : 15~69歳の男女 ※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数 : 1,113サンプル
  • 調査日時 : 2014年10月9日~10月10日
  • 対象者条件 : 最近6ヵ月以内にインターネット動画を閲覧したことがある
  • 割付条件 : 年代別のインターネット利用率を「平成26年9月総務省全国男女推計人口」を元に算出し、割付を行った ※インターネット利用率は総務省「平成24年通信利用動向調査」を参照

回答者属性

・性年代(n=1113)

・居住地域(n=1113)

・性年代(n=1113)

 

調査レポートダウンロード

下記よりPDF版をダウンロードいただけます。

PDF版をダウンロード(4.18MB)

本件に関するお問い合わせ

本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ