IMJのディレクターによるクロストークのイメージ IMJのディレクターによるクロストークのイメージ

DIRECTOR

総合職 ディレクター(福岡採用) クロストーク

2017年6月に開設された福岡事業所。東京で培われたノウハウを受け継ぎつつBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)などへ業務領域の幅を広げ成長しています。そんな福岡で働く2人に、福岡でディレクターとして働くことで得られるチャンス、やりがいなどを伺いました。

  • #制作進行・品質管理
  • #業務設計・運用
IMJのディレクターの後輩のイメージ

2018年新卒入社

  • ディレクター
  • → テクニカルコンサルタント
M.M.さん
入社後はディレクターとして活躍していたが、テクニカルコンサルタントにキャリアチェンジを行い、現在はマーケティング・オートメーションツールなどの導入支援などを担当している。
IMJのディレクターの先輩のイメージ

2006年中途入社

  • ディレクター
M.N.さん
クライアント常駐と本社勤務を行き来しつつ、長期運用・機能改修、システム連動PJのフロント制作ディレクションを務める。

01ワクワクするような働き方がある

Q 福岡での働く環境について教えてください。

M.N.私はもともと東京本社でディレクターとして働いていたのですが、福岡事業所がオープンしたタイミングで異動しました。その時と比べると、だいぶ変わったと思いますね。立ち上げメンバーは当時5名しかいなかったのですが、そこからさまざまな専門知識を持った人が全国から集まってきた、という感じです。今では50名体制となり、福岡だけでも幅広いプロジェクトが回せるようになったので、業務の幅も広がってきましたね。

M.M.福岡事業所の新卒入社は自分だけだったのですが、すごく勢いがあるな、と感じました。入社してからまだ2年目ですが、いろんなことにチャレンジさせてもらえたんです。
任されたことを責任をもってやり遂げ、少しずつでも成果を出していけば、やりたいことに手を挙げたとき、新しいことにどんどん挑戦させてもらうことができましたね。制作進行・管理や画面構成の設計など、ディレクターとしての業務はもちろん、プログラムやさまざまなツールの使い方なども教えてくれました。学んだノウハウをすぐに使って自分なりに分析して、次のクライアントへの提案にすぐに取り入れるなど、学ぶことがモチベーションになりましたね。
次にどんなことをやろうか、とワクワクするような働き方ができたのも、この環境だからこそだと思います。

M.N.小規模で始まった福岡の体制も徐々に整ってきて、勢いだけではなく、目標設定をしっかり行い、長期的な展望を見据える、という形にシフトしてきています。そのあたりは福岡も東京も変わらなくなりつつありますね。

IMJのディレクターによるクロストークの様子1

02チャンスの多い環境

Q 福岡ならではの仕事の面白さはありますか?

M.N.そもそもIMJで働く上で大切なことは「待つ」ではなく「自分から求めていく」こと。福岡でも東京でも、新入社員教育などの学習プログラムはしっかりと用意されています。でも自分から「こんなことを学びたい」「こんな経験を積みたい」と取りに行く人は、それだけ成長する機会が増えます。
福岡はその性格がより強いかもしれませんね。どんなことも吸収して、自分のものにしていこうとする人なら、チャンスの多い環境です。さらに東京で蓄積された20年分のノウハウも活かすことができます。福岡で自分たちのやり方、自分たちの面白いと思えることにチャレンジしていく。それをかなえられる環境だと思います。

M.M.そのおかげで私も入社2年目でキャリアチェンジ、なんてことができたんですけどね。それを後押ししてくれたのも、福岡という環境が大きかったと思います。

IMJのディレクターによるクロストークの様子2

03新たな道を開くきっかけ

Q なぜキャリアチェンジをしたのですか?

M.M.最初はそもそも社会人として会社に慣れることに精いっぱいでした。しかし1年が経過し、周りが見えてくると自分の視野の狭さに気づかされました。先輩たちがクライアントに提案している内容などを見ていると、すごく質が高くて、自分では考え付かなかったことまでしっかり計算に入っている。見えている次元が違う、としか思えないような働き方をしていました。このままの自分では、先輩たちに追い付くことが想像できなかったのです。そんなもどかしさを感じていました。

M.N.M.M.さんはもともとすぐ行動に移すことや、誰に対してもひるまずに自分の思いを伝える努力をしていて、新卒という感じではなかったから、ついつい同じ目線で話していたのかもしれません。それがある意味、プレッシャーになってしまっていたのかも。

M.M.でも同じ目線で相談に乗ってくれたのが、新たな道を開くきっかけになったので、すごく感謝しています。自分の将来が見えづらくなってしまい、何か新しいことを、と思っていた時M.N.さんに相談したところ、テクニカルコンサルタントという道を示してもらえました。
新たな道が見え、目標ができたら「こんな世界もあったんだ」と思いましたね。やらなければいけない新しいことが目の前にたくさんあって、あらためて意欲がわいてきた、という感じです。
これからは、プロジェクト全体の流れなど、ディレクターとして学んできたことを、テクニカルな側面から高めていって、クライアントにより価値あるものを提供できる存在になりたいですね。ディレクター時代に身に付けたことが、今少しずつ結果に結びついているように感じます。

IMJのディレクターによるクロストークの様子3

04学生へのメッセージ

M.M.福岡は型が決まったものを回すというよりは、どんどん面白そうなものにチャレンジするような雰囲気です。だから、わからないことでも先輩をつかまえてガンガン聞けるような人は、あっという間に成長できると思います。

M.N.どんどん新しい人を迎え入れてきたことで間口が広く、緻密に進める業務があると同時に、新しい分野にも挑戦しやすい環境が共存しているのが福岡です。チャレンジしたい、成長に向けて努力したい、という人はぜひ一緒に働きたいですね。

IMJのディレクターによるクロストーク後の様子 IMJのディレクターによるクロストーク後の様子

ディレクター(福岡採用)の職種情報を見る