PROJECT MANAGER

2016年度入社

クライアントの意識は“マーケティング領域”へ?クライアントとの折衝で感じた“デジタルマーケティング”の波。

前職ではEC開発エンジニアとして10年以上のキャリアを積み、部長として事業部運営もしていました。ECサイトが世の中に出始めてからそのニーズは高まってきましたが、最近ではEC単体のソリューション開発だけでは競合も多く、生き残るのが難しい業界になっています。そんな中お客様と話をしていると、実際に売り上げが直結するマーケティング領域に予算が多く投資されていることを知りました。また実際にお客様から求められる課題に応えようとすると、ECだけではなく、もっと複合的にデジタルソリューションを活用する必要がある要件も増え、自分の得意領域の狭さに危機感を感じることが多くなりました。そのため、よりマーケティングに近く、これまでの開発経験も活かせる領域へキャリアを広げたいと思い、デジタルマーケティングを主軸に転職活動をしました。

転職先の候補としてはマーケティングツールを扱う事業会社と、マーケティングソリューションをプランニングするコンサル会社、そしてデジタルマーケティングを主軸に開発を行うIMJで悩んでいました。IMJの事業は、マーケティングを含むビジネスアジェンダに対してコンサルティングを行い、ソリューション開発まで全て対応するため、自分のSIerとしての経験が活かせると思いました。また、お客様の上流課題に対して、戦略策定からシステム開発、さらにその成果を出すところまで、一貫して携っていける点に魅力を感じて転職を決めました。
こんなことができる会社って、結構すごいなとあらためて気づき、迷いなく転職先を決める事ができました。

大切なのは、自分の“できること、得意なこと、やりたいこと”を丁寧に説明して、面接時に擦り合わせをすること。飾らずに何でも話せるチームワーク・カルチャーがお客様との関係構築にも繋がっているのだと思う。

面接では、自分のできること、得意なこと、やりたいことを細かく丁寧に伝えることを意識していました。自分のことを客観的に見ながら、言葉にして相手に伝えるということは少し難しいかもしれません。普段からそんな風に自分自身を振り返ることは少ないと思いますが、転職の時はこれが非常に重要だと思います。私の場合は、面接ではカジュアルな雰囲気だったこともあり、飾らずにありのままを話すことができました。だからこそ、入社した後もギャップはゼロで、イメージ通りにプロジェクトに参画することができています。

敢えて「イメージと違う」という表現を使うとしたら、思っていた以上に新規提案が多く、その難易度も高かったことでしょうか。私が現在携わっているプロジェクトは、保守案件はほぼなく、新規案件がどんどん入ってきます。ビジネス課題(超上流)から、デリバリー(開発)まで一貫してお客様と向き合うのですが、システム開発の視点だけではなく、ビジネス観点のアプローチも必要となる点は前職では経験できなかった部分です。お客様の懐にしっかり入り込んで、一つひとつ悩みを聞き、その解決のために提案していくというスタンスは自分の考えにもマッチしていて、とてもやりがいに感じている部分です。こういった深い提案ができるのも、社内で意見を言い合えて、お客様ともパートナーとしてディスカッションし合えるという、IMJに根付いたカルチャーがあるからこそ実現できるのだと思います。

SIerから“デジタルマーケティング”ができるのか?という不安。

私はIMJに転職するまで、デジタルマーケティングという業界をあまり意識したことがありませんでした。でも、実際に多くのプロジェクトを経験してみて、今までの開発経験や技術力を活かしてキャリアアップしていけるステージがここにあるということを実感しました。デジタルマーケティングを「デジタルの力をマーケティングに活用する」と定義するならば、「システム開発の力をマーケティングに活用する」と置き換えると、システム開発経験者の方にも違和感無く受け入れてもらえるのではないでしょうか。実際の仕事もシステム開発の工程と近いので、今までのシステム開発の経験がマーケティングやお客様の成果に直結するのだという認識で気持ちを整理したら、不安は払拭されました。あとはプロジェクトを通してさまざまな経験を積むことで自信に変えていきました。これからの時代、“デジタルマーケティング”という領域がエンジニアのキャリアアップの新しいステータスになっていくことを確信しています。

デジタルマーケティングは、エンジニアのキャリアをフル活用できる場所!クライアントの成果も共有できる嬉しさ。

SIerとしての仕事も楽しかったのですが、納品して終了という案件が多く、自分が作ったシステムがどのようにしてビジネスに貢献するのかを見届けることができないため、やりがいを感じられないという場面もありました。IMJの仕事は、お客様のビジネス成果に直結することが多く、自分が携わったプロジェクトによって、お客様の売り上げ増加が顕著に表れていくのを見るとすごく達成感があります。そして、自分がこれまで経験してきたスキルが、単にシステムを作るだけでなく、ビジネスをも作っていける可能性を持っているということに誇りと自信を持てるようになりました。

仕事の幅も広がり、自分自身の成長も感じられる。

最近では、提案時のプレゼンは営業ではなくプロジェクトマネージャーがやることが増えています。お客様としては、プロジェクト期間中に一番多く接することになるプロジェクトマネージャーから具体的な提案を聞くことはもちろん、その人柄なども気にしていると思います。私もプロジェクトメンバーの代表としてプレゼンをする機会が増えました。みんなでブレストして考えた内容を提案書にまとめて、自分の言葉でお客様に伝えていくという経験は、自分自身をひとまわり成長させてくれた気がします。またIMJの場合、コンサルタントやディレクターなど他の職種のメンバーと一緒にプロジェクトを進めることも多いため、資料の作り方やクライアントとの高度な折衝力などは非常に勉強になります。エンジニアとしても高いビジネス視点が求められる環境は、自分にマッチしていました。

やっと時代が追いついてきた!?長いトンネルを抜けた今だからこそ、今後はプロジェクトでの成功体験を増やし、チームでナレッジを共有していきたい。

実は私が入社した3年前は、まだ部署の立ち上げ期でもあり、なかなか案件を獲得できない日々が続きました。今思い出しても、あの頃はつらかったですね。お客様に提案に行っても、「良い提案だけど予算が……」「まずはスモールスタートで……」ということがたくさんありました。それでも、私達の提案は今後のデジタルマーケティングに絶対に必要な施策であることは明確だったため、強い信念をもって諦めずに提案し続けました。結果、今では多くの実績を積むことができ、幅広いお客様からご支持いただけるようになりました。

今では、「やっと時代が追い付いてきたね」なんて笑い話にしています。さまざまなジャンルのプロジェクトが増え、提案内容も企業ごとに違うため、たくさんのノウハウが溜まってきたという実感があります。案件はより難易度が上がり、もちろん時にはトラブルが発生することもありますが、それでもそれを乗り越えてプロジェクトを推進していける底力のあるチームになりました。これからは、メンバー一人ひとりが持つノウハウをもっとチームで共有し合い、これから新しくチームに参加してくれる方々ともたくさんの成功体験を共有していきたいと思っています。

応募フォーム

ご応募の際に、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ(任意)のアップロードをお願いしております。以下のフォーマットをご利用ください。

履歴書をダウンロード
職務経歴書をダウンロード

採用に関するお問い合わせ

選考をご希望の方専用のお問い合わせフォームとなります。ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。