CONSULTANT

2018年度入社

前職では営業の何でも屋さんでした。だからこそ、デジタル分野の専門性を身につけて、自分のキャリアに自信を持ちたかった!

前職は医療関連の人材系ベンチャー企業で働いていました。営業として、インサイドセールスからプリセールス、システム導入後のコンサルテーション・リテンション対策、さらに秘書的な業務まで何でもやっていました。お客様への提案や折衝業務は多かったため、営業力・説明力などは身につきましたが、一方で汎用的な業務も多く、このままでは専門的な知識やスキルを身につけることができないのではないかという不安がありました。私は数字を見ながらデータを活用していくことが好きだったため、もっとアナリティクスやローデータを可視化して、ユーザーインサイトを導き出していくようなことがしたいと思い、転職を考え始めました。

必要なことは全て経験したい!という思いから、面接で「行動を制限しないでほしい」という要望をぶつけて、入社しました。

今後は、データを活用したコンサルティングを軸にキャリアを積みたいと考えていました。どのような手段でデータ収集をするのか、そのデータをどのように分析するのか、そしてその結果からどんな施策を実施するのかなど、全てのフェーズが連動するからこそ、最適な提案・コンサルティングができるのだと思います。その実現のために、私はIMJの面接を受けた際、「必要なことは全て経験したいので、行動を制限しないでほしい」という要望をぶつけました。今思うとかなり前のめりな要望ですが、面接官だった今のマネージャーは嫌な顔ひとつせずにそれを受け入れてくれました。IMJに入社を決めた理由もそれが一番大きかったです。他にも同業界の会社をいくつか受けていましたが、面接の時に自分がやりたいことなどを伝えた時「それはこの部署のミッションではない」「まずは、●●をやって成果を出してからじゃないと、それはやれないよ」といったことを言われることが多かったです。もちろん、会社ごとに業務ステップがあると思いますが、IMJは全員をそのステップに当てはめるのではなく、個人のやりたいことや意欲を重視してくれるカルチャーがあることが魅力でした。実際に入社してからもそこにギャップはなく、私のパフォーマンスが一番発揮できる環境を整えてくれ、一人前のコンサルタントになれるよう育ててくれるマネージャーや先輩方がいてくれて、とても心強いです。

未経験だったからこそ、人一倍勉強しました。まずは完璧なアシスタントになって、そこからコンサルタントにステップアップ。仕事を任せてもらえるから、達成感や自分の成長を実感できる毎日です。

未経験で入社した私はアシスタントからスタートしました。どの先輩とどのプロジェクトを担当したときもアシスタントとして1番になるために何ができるかを考え、忙しい先輩たちの業務を少しでも拾い、先読みして準備することを徹底しました。指示がなくても事前にやっておくことで「よく気がつくね」と言っていただけるようになりました。また、プロジェクトメンバーとのミーティングでは、特に会話するときの言葉選びに気をつけていました。IMJのプロジェクトでは他職種のメンバーと一緒にチームを組むことも多く、また専門用語がたくさん飛び交うため、事前に言葉の意味を調べてしっかり理解し、相手にどのように伝えれば分かりやすいかということを意識して準備しました。一歩ずつですが確実に専門知識が身についていることを実感でき、毎日とても刺激的でした。現在では、コンサルタントからプロジェクトマネージャーとしての役割まで任せてもらえるようになったので、クライアントとの折衝、企画内容の精査、予算・メンバーアサイン・進捗管理など、プロジェクトを俯瞰的に見ながら現在のステータスを考えてプロジェクトを進行できるようになりました。

オンオフのメリハリをつけた働き方ができることも、自分自身の成長を加速させてくれる要素。

IMJはフレックスタイム制のため、プロジェクトや自分の業務状態に合わせて勤務時間を調整することができます。コンサルタントはクライアント先へ行くことも多いため、隙間時間をうまく使って効率的に業務をこなしていくことも必要です。在宅勤務制度もあるため、集中したい時などは事前申請の上で利用し、家で一気に提案を仕上げたりすることもあります。自分のペースで業務ができるため、無駄な時間を省き、効率よく働くことができることも、モチベーションの一つになっています。

コンサルティングから実装までを知っている強みをもっと活かしたい!戦略と戦術の両輪が必要不可欠であることに気づきました。

私はコンサルタントとしてIMJに入社しましたが、自分の出来ることの幅を広げるために、インプリメンテーションやデータ分析などさまざまな実務を経験させてもらいました。上段でもお話した通り、自分の業務範囲を限定せず、必要だと思ったことは何でもチャレンジさせてもらいました。インプリメンテーションの実務を知ることで、クライアントに提案した企画が本当に実現可能なのか、また、システムの特性を最大限に活かせているのかなど、今までとは違った視点で施策を考えられるようになりました。クライアントにも今まで以上に説得力のあるプレゼンができるようになったと感じています。ここまで幅広くやらせてもらえるのは、全ての工程を担うIMJだからこその醍醐味だと思います。最近ではクライアントからのご要望が高度化しており、難易度の高いプロジェクトが増えています。その中で私が一番大切だと思うことは、「戦略」と「戦術」のバランスです。データに基づいて戦略を立て、それを机上の空論ではなく、確実に実行に移していくための「戦術」に落とし込んでいくことができなければ、プロジェクトは決して成功しません。この「戦術」を考えられることは、IMJの強みでもあり、自分の一番の強みでもあると感じています。

応募フォーム

ご応募の際に、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ(任意)のアップロードをお願いしております。以下のフォーマットをご利用ください。

履歴書をダウンロード
職務経歴書をダウンロード

採用に関するお問い合わせ

選考をご希望の方専用のお問い合わせフォームとなります。ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。