ユーザーを“ありのままで”理解する 感情曲線・行動文脈リサーチ

2015.04.14
株式会社アイ・エム・ジェイ

ユーザーを“ありのままで”理解する 感情曲線・行動文脈リサーチ
—国内旅行体験のジャーニーマップを50人に書いてもらってみた—

株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:竹内 真二 以下、IMJ)は、「ユーザーを“ありのままで”理解する感情曲線・行動文脈リサーチ」を実施いたしました。
調査期間は2015年3月14日~3月19日、有効回答数は50名から得られました。

調査結果概要

今回、IMJでは新しい取り組みとして、国内旅行(北海道、大阪、京都、沖縄)へ3ヵ月以内に行ったことがある人に対し、インターネットアンケートで、“どのタイミングでどのようなことを行い、その時どう思ったか、どれくらいのテンションだったかを自由に書いてもらう”という調査を実施いたしました。
収集した多様なデータから、以下のような気付きを得ることができました。

気付き

  • 旅行において「行き当たりばったり」というようなアドリブ要素はほとんどなく、計画したプランを実行する人が多い
  • しかし、旅行計画中は楽しいことをしているはずなのに、テンションが下がり、気が重そうである
  • 情報収集はインターネットだけでなく、ガイドブックを購入している人も多い
  • 旅行中のトラブル(他の人に笑って話せるレベル)よりも、観光スポットなどが期待値を下回る方がテンションは下がり、その後上がりにくい傾向がある
  • 帰路は一様にテンションが下がるが、旅行を振り返ったり、思い出を共有したりした人はテンションが下がりにくい傾向がある

ジャーニーマップの一例

調査レポートダウンロード

下記よりPDF版をダウンロードいただけます。

PDF版をダウンロード(4.1MB)

本件に関するお問い合わせ

本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ