データドリブンマーケティング

大量の顧客データをマーケティングに活用できていますか?

デジタル化&ネットワーク化により、取得できるデータ量と種類は大幅に増えつつあります。一方、データの蓄積コストや分析コストは大幅に下がりつつあり、データのマーケティングへの活用度合いが企業の競争優位性を左右すると言っても過言でない時代となりました。とはいえ、本格的にデータをマーケティングに活用していくためには、第一にオンライン・オフライン統合したデータプラットフォームの構築により、「見える化」することが必要です。そして、第二に「見える化」されたデータを効果的に活用しマーケティング施策に落としこんでいく、それを組織的にも業務フロー的にも定着していく必要があります。IMJのMarketing & Technology Labs ® はそのようなData Driven Marketing ® の実現を通じてデータ分析・最適化の支援を通じて「成果」を価値として提供して参ります。

データをマーケティングに活用する為の重要な2つのポイント

1.データプラットフォームの構築(「見える化」により全てのマーケティング活動を定量的に判断)

Webサイトのみならず、デジタル化&ネットワーク化やデバイス技術の進歩により生活者と企業との間のデータトランザクション量と取得できるデータの種類は加速度的に増えていきます。企業内のあらゆる部門に蓄積されたマーケティングデータ(顧客属性データ・購買データ・Webアクセスデータ・コールログデータ・店舗やカタログなど他チャネルデータ等)を統合管理することで、全てのマーケティング活動を定量的に判断できるようになります。

一方で、これまでこれらの大量データを蓄積・分析するためにかかるコストと時間は膨大でしたが、サーバーコストの低減や分析ツールの進歩により低コスト・スピーディに実現可能となりました。

2.データ分析・最適化(マーケティングROI最大化による継続的な収益拡大)

データプラットフォームの構築により全てのマーケティング活動が「見える化」されます。次のステップではこれらのデータをもとにした小さな改善の積み重ね(Small Change)でPDCAサイクルを高速回転していきます。Data Driven Marketing ®(データドリブンマーケティング)は、商品が売れれば終了ではなく顧客との継続的な関係維持・育成を行いLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を高めていくことを目的としており、最適なターゲットに最適なメッセージを最適なタイミングで発信することが重要と考えています。
また、いわゆるファネル理論だけでは縮小均衡に陥りがちなので、社会と生活者のインサイトを理解した上でのプランニングを行います。それにより、継続的な収益を生み出しビジネス拡大に貢献します。

データドリブンマーケティング関連コンテンツ


MARKETING & TECHNOLOGY Labs ®

Marketing & Technology Labs ® [別ウィンドウで開きます]

Marketing & Technology Labs ® (以下、MTL)は、IMJグループにおいてData Driven Marketing ® の実現を通じて、クライアント企業のデジタルマーケティングを支援するマーケティングサービスプロバイダー(MSP)です。マーケティングROI最大化のためのデータプラットフォーム構築や最適化ソリューションを提供します。
デジタルマーケティングに関する全領域のプロフェッショナルがMTLに在籍しているため、部分最適ではなく全体最適視点でのサービス提供や適切な予算配分のご提案ができることが特長です。 また、コンサルティングだけに留まらず、マーケティングプランニングや具体的な施策まで落とし込むことで「成果」を価値として提供します。


サービスに関するお問い合わせ
お仕事のご相談、お見積もりのご依頼など、こちらからお問い合わせください。