一覧へ戻る

デジタルマーケティングカンファレンス「I・CON2013 IMJ Conference」

このイベントは終了しました。

本日の「I・CON2013 IMJ Conference」は予定通り開催致します。

画像ALT

スマートフォンなどのマルチデバイス環境の急速な進化や、ライフスタイルニーズ・嗜好の多様化により、ユーザーの生活環境や価値観は激変しています。一方、市場のグローバル化が進行する中で、厳しい生き残りを賭け、あらゆる企業が新たな顧客をつかみ、いままでの顧客とより深い関係を築こうとしています。こうした現在、企業のマーケティング活動の成否を握るのは、「ユーザーをより深く知り・育て、求められる以上の経験価値を提供し、より深い共感を得る」方法に他なりません。

本カンファレンスでは、クライアントやパートナーの事例に加え、当社の豊富な知見・実績を基にデジタルマーケティングの最前線について紹介いたします。

▼申込受付は終了いたしました。▼

Time Schedule

画像ALT

激変する生活者環境のキャッチアップ。グローバル化を含む水平・横断化のハンドリング。クライアントのデジタルマーケティングのミッションは、高度化・複雑化の度合いを高めています。

こうしたクライアントをサポートする上で、「顧客をより深く知る」とは、属性や行動を徹底的に解析すること。「顧客のより深い共感を得る」とは、期待を超えた経験価値を提供することであり、この両面に強みを持つことが今後のデジタルマーケティングのKEY ISSUEだと考えています。

IMJでは、この2点の課題解決をもってクライアントのサポートを実行します。


画像ALT

日本全国6万店舗を超えるTポイントのアライアンスネットワーク。Yahooポイントとの統合により、O2Oはますます加速し、リアルとネットの境界線はなくなりつつあります。日々蓄積されるTポイントのビッグデータと、急速に利用者を伸ばしているスマートフォンを掛けあわせCCCが新しい顧客価値を企画します。

パートナー向けの最新の提案事例を紹介し、これからのマーケティングプラットフォームの未来を語ります。


画像ALT

昨今の「ビッグデータ」潮流により、多くの企業ではマーケティングにおけるデータ活用の重要性が認識されつつあります。しかしながら、変化の早い市場に対して、分析、意思決定からマーケティング施策への反映が遅れると致命傷になる可能性もあります。トップ層だけでなく、現場レベルでも迅速な意志決定をし、PDCAサイクルを高速回転させることが重要です。

トップ、現場、双方のレイヤーにおいて、いかに意思決定を迅速化させつつ、マーケティング最適化を実現していくかについて紹介いたします。


画像ALT

オムニチャネルは、顧客体験の上での販売チャネルによる区別をなくすことを意味しています。今後の流通小売業の最大の課題は、クライアントの顔が見え、ECサイトや店舗でも、クライアントへのサービスを同等の経験価値を提供することです。

もちろん、モバイルとPCでも同じです。マルチデバイスでの体験価値の一元化を追求した、クライアントの最新事例と今後のお取り組みを中心に、デジタルCRMの現状を紹介いたします。


画像ALT

「地域の皆さまに愛されるお店」としてロイヤルティの高い顧客層を持つモスバーガー。

すべての顧客接点における高品質のサービスとおもてなしの実現を目指し、デジタル施策と連携を進めるモスカード戦略をお話しいただきます。


画像ALT

サービス進化の著しいデリバリー・フード業界。圧倒的なシェアを持つ「銀のさら」を中心に直販サイトを開設。デジタルを活用し、CRM、LTV向上を目指すライドオン・エクスプレス社のチャネルミックス戦略をお話しいただきます。


画像ALT

クライアントのデジタルマーケティングをサポートするには、最新技術のキャッチアップ、クリエイティブの革新、プラットフォームの提供が欠かせません。

IMJ 1,000名の挑戦、年間500社を超えるクライアントとのコラボレーションの中で培われた実践的なソリューションを紹介いたします。

Speaker's Profile

画像ALT

1951年生まれ、大阪府枚方市出身。TSUTAYA、Tカードを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEO。同志社大学を卒業後、株式会社鈴屋に入社。軽井沢ベルコモンズの開発などに携わる。1983年、同社を退社し、「蔦屋書店(現・TSUTAYA枚方駅前本店)」を創業。
1985年、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)設立。TSUTAYAやTカードをはじめとする「カルチュア・インフラ」を創り出す企画会社の経営者として奔走している。

画像ALT

1995年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社へ新卒で入社。「GAME TSUTAYA」などTSUTAYAの新パッケージ立ち上げに携わる。その後、TSUTAYA会員データベースやTSUTAYA店頭を活用したマーケティング・サービスの企画・営業を行う。
2003年にTポイント事業の立ち上げに従事し、新規アライアンス獲得営業、事業企画、販促企画の部門を担当。現在は、マーケティング・ソリューション事業を統括。

画像ALT

1999年、文化放送ブレーン入社。2001年、アイ・エム・ジェイ入社。2008年同社執行役員、2012年より同社取締役。
2006年にMarketing & Technology Labsを設立し、IMJグループにおけるデータドリブンマーケティング領域の事業・サービスを牽引している。

画像ALT

大学を卒業後、米国大学院にて都市計画を修了。外資系マーケティング・コンサルティング会社、外資系広告代理店などを経て、2012年アイ・エム・ジェイに入社。Marketing & Technology Labs (MTL)にて、マーケティング投資最適化、CRMコンサルティング、データマイニングに従事している。

画像ALT

2005年、アイ・エム・ジェイ入社。WEBディレクター・プロデューサーを経験後、Marketing & Technology Labs(MTL)立ち上げ期より、マーケティングコンサルタントとして多くのクライアントのROI最大化を支援している。

画像ALT

流通業、ERPベンダー、EC事業などを経て2002年IMJグループに参画。IMJモバイル執行役員として企業のモバイルソリューション事業を管掌。2010年からはアイ・エム・ジェイ執行役員としてインテグレーション事業を統括、企業のデジタルマーケティング・サポートを中心とした幅広いプロジェクトを担当。

画像ALT

1996年モスフードサービスに入社。立地開発調査業務を11年間担当し2008年よりマーケティング室へ異動。3年間各種調査分析業務を担当してから販売促進グループへ。
「モスバーガー モバイル」やプリペイドカードである「モスカード」等の企画立案、実施に関わる。 TwitterやFacebookなどSNSの立ち上げ等にも関与。

画像ALT

アパレル商社を経て、1997年より大規模ECサイトの立ち上げやデジタルコンテンツの流通事業のプロデュース業務に関わった後、2010年10月より(株)ライドオン・エクスプレスにて宅配寿司『銀のさら』、宅配御膳『釜寅』の自社受注サイトの企画、開発、デジタルプロモーションの業務に従事。
食の宅配業界におけるWebサービスの可能性を追求している。

Conference Outline

日時

2013年10月16日(水) 14:15~19:15(受付開始 13:45)

会場

ベルサール九段 3F HALL

主催

株式会社アイ・エム・ジェイ

参加費

無 料

  • ※申込受付は終了いたしました。

定員

300名

  • ※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

株式会社アイ・エム・ジェイ
マーケティング&セールス室 セミナー事務局
TEL : 03-6415-4268(平日10:00~18:30) E-mail : sl-info@imjp.co.jp

対象

  • 自社マーケティング活動の一層の強化をしたい
  • 今後、デジタルマーケティングに更に注力したい
  • 事業の拡大・競争力向上にデジタルを活用したい

とお考えの経営者様、事業責任者及び企画立案ご担当者様

申込〆切

2013年10月9日(水)17:00

  • ※2013年10月11日(金)17:00までに参加票または抽選結果メールが届いていない場合は、セミナー事務局<sl-info@imjp.cp.jp>迄ご連絡下さい。

▼申込受付は終了いたしました。▼

Access Map

住所

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル3F

地下鉄

東西線「九段下駅」7番出口 徒歩3分
半蔵門線・新宿線「九段下駅」5番出口 徒歩3分
半蔵門線・新宿線・三田線「九段下駅」A2出口 徒歩7分


セミナーお申し込みに関するお問い合わせ
セミナーお申し込みに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

株式会社アイ・エム・ジェイ マーケティング本部 セミナー事務局
TEL:03-6415-4268   e-mail:sl-info@imjp.co.jp
(平日 10:00~18:30)