一覧へ戻る

IMJ調査レポート「企業Facebook年間ランキング 2014」発表

2014/12/15

株式会社アイ・エム・ジェイ
東京都目黒区青葉台3-6-28
代表取締役社長 櫻井 徹

IMJ調査レポート
「企業Facebook年間ランキング 2014」発表
—体験型、嗜好品カテゴリのエンゲージメント率が高い結果に—

株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:櫻井 徹 以下、IMJ)は、企業のFacebookページに投稿された記事を分析し、ランキング上位の投稿の傾向と、内容を分析した「企業Facebook年間ランキング2014」を本日発表しました。

今回の調査では、2014年1月から10月にかけて、各企業のFacebookページに投稿された記事への「いいね!」「コメント」「シェア」「エンゲージメント率」の平均を調べ、以下にまとめました。

  1. ファン数ランキング
  2. 平均いいね!数ランキング
  3. 平均コメント数ランキング
  4. 平均シェア数ランキング
  5. 業界別平均エンゲージメント率

また、「企業Facebook年間ランキング」の第2回目となる今回の調査では、昨年の年間ランキングとの比較、および業界別のエンゲージメント率についても分析しています。

IMJでは今後もさまざまな視点でソーシャルに関する調査やコラムを継続して発表していくとともに、企業のデジタルマーケティング支援を行ってまいります。

※ IMJでは、2012年より毎月、「いいね!」「コメント」「シェア」それぞれの上位20位の企業投稿記事ランキングを発表しています。
※ 本調査は、Facebookが提供しているAPIによる集計データをもとに実施しています。
※ 2013年調査は4月〜12月、2014年調査は1月〜10月と対象月が異なります。

調査のトピック

  1. 「楽天市場」がファン数400万を突破。2013年に続き1位。国内ファン数最大規模に。
  2. 「いいね!」数平均の上位3位は2013年調査と変わらず。1位の「東京ディズニーリゾート」はファン数が25万人程度増加しているが、平均「いいね!」数は2013年とほぼ違いがない。
  3. 2014年は「コメント」応募を用いたキャンペーンを実施した企業が多かった。
  4. 「シェア」ランキング上位企業の平均「シェア」数は、2013年よりも増加。理由はFacebook仕様変更による動画投稿のリーチ数の伸び。エンターテインメント性の高い動画コンテンツを投稿した企業が「シェア」数を伸ばしている。
  5. 業界別では、「飲料・食品(来店型)」や「テーマパーク」のエンゲージメント率が高い傾向。嗜好品と呼ばれる「自動車」、「酒類」、「ジュエリー・時計」カテゴリも次いで高い。

企業Facebookページ年間ランキングの傾向

1. 「楽天市場」がファン数400万を突破。2013年に続き1位。国内ファン数最大規模に。

2014年11月から、インセンティブを提供し、「いいね!」を押さないと参加・閲覧できないアプリケーションの使用が禁じられた。それにより、ファン獲得にはFacebook広告に頼らざるを得なくなり、大幅なファン獲得は困難になる。よって、今後、日本のファン数単独で「楽天市場」を上回る企業は現れないだろう。また、2014年は海外アカウントとの統合を行った企業も多く、数百万〜数千万規模のファン数を抱えるアカウントは、複数の国のアカウントを統合している場合が多い。

2. 平均「いいね!」数の上位3位は2013年調査と変わらず。1位の「東京ディズニーリゾート」はファン数が25万人程度増加しているが、平均「いいね!」数はほぼ2013年と違いがない。

2014年調査の「東京ディズニーリゾート」の平均「いいね!」数は34,074。2013年調査では、34,170であったことから、ファン数が25万人程度増加しているにも関わらず、平均「いいね!」数は100程度減少していることがわかる。2位「ディズニー」の2014年調査での平均「いいね!」数は27,365、2013年調査では23,704で約4,000増加。3位「スターバックス コーヒー ジャパン」の2014年調査での平均「いいね!」数は20,114、2013年調査では18,644で約1,500増加。企業によって増減数や増減率は異なるが、ファン数の増加に伴って一律に「いいね!」が増えるとは言えないことが分かる。中には昨年よりも大幅に「いいね!」数が減少している企業もあり、投稿の質を上げたり、投稿の広告活用なども同時に行わないと、ファン数だけを増やしても意味が無いと言えるだろう。

3. 2014年は「コメント」応募を用いたキャンペーンを実施した企業が多かった。

2013年後半のFacebookプロモーションガイドライン改定により、タイムライン上でのキャンペーン実施が可能になったことで、「コメント」応募を用いたキャンペーンを実施する企業が増加。「セブン-イレブン・ジャパン」や「Audi Japan」「Nespresso」は2014年新たにランキングに入った。
「コメント」平均数が多い企業は、インセンティブがなくとも常にコメントを寄せるファンが多く、ファン同士の交流も見られるなど、Facebookページがコミュニティとしても機能している。

4. 「シェア」ランキング上位企業の平均「シェア」数は、2013年よりも増加。エンターテインメント性の高い動画コンテンツを投稿した企業が「シェア」数を伸ばしている。

「ディズニー・スタジオ」が、シェア数ランキングに初登場、1位に輝いた。躍進の理由は、今年大ヒットした『アナと雪の女王 Let It Go 25ヶ国語バージョン』の動画投稿。Facebookの仕様変更の影響により、動画を直接投稿するとリーチ数が伸びるようになったため、エンターテインメント性の高い動画コンテンツを投稿した企業が「シェア」数を伸ばしている。

5. 「飲料・食品(来店型)」や「テーマパーク」のFacebookページはエンゲージメント率が高い傾向。嗜好品と呼ばれる「ジュエリー・時計」、「自動車」、「酒類」、カテゴリも次いで高い。

「スターバックス コーヒー ジャパン」を含む「飲料・食品(来店型)」カテゴリが2.73%、「東京ディズニーリゾート」を含む「テーマパーク」カテゴリが2.38%と実際の体験を伴う業態が最も高い結果に。次いで、嗜好品と呼ばれる「ジュエリー・時計」、「自動車」、「酒類」も2%以上の平均エンゲージメント率となった。中でも自動車カテゴリはFacebookページを持っている会社、ブランド数も25と多く、ファン数規模も5万を超えるアカウントが多いが、エンゲージメント率は総じて高い結果となった。※ファン数が増加すると、エンゲージメント率は低下する傾向にある。

業界別エンゲージメント率調査

「自動車」カテゴリのファン数とエンゲージメント率グラフ

ランキング調査概要

  • 調査元:Facebookが提供しているAPI
  • 調査対象:日本語を主言語として発信しているFacebookページ上位5000位
  • ランキング対象条件:会社、ブランド、プロダクト、イメージキャラクター、ニュースメディア等の公式ページ(官公庁、政治団体、スポーツチーム、タレント、著名人、店舗、アプリ、コミュニティ、Buzz系サイト、雑誌、テレビ番組、映画タイトル等は対象外)
  • ファン数ランキング対象条件:海外統合ページは除外
  • 調査対象期間:2014年1月〜10月
  • 集計日時:2014年11月10日

エンゲージメント率調査概要

Facebookに登録されているカテゴリを主として分類し、6社以上のアカウントがある業界を調査。
「飲料・食品」など登録社数、ブランド数が多いカテゴリに関しては、調査段階で分類している。
エンゲージメント率=(いいね!+コメント+シェア)÷ファン数

株式会社アイ・エム・ジェイ(http://www.imjp.co.jp/

インターネット領域に軸足をおき、Web及びモバイルインテグレーション事業における豊富な知見・実績を強みに、スマートフォンを含むマルチデバイス対応、更には戦略策定・集客・分析(Webデータ解析・効果検証等)まで様々なソリューションをワンストップで提供することで、顧客のデジタルマーケティング活動におけるROI(投資対効果)最適化を実現いたします。

※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
※ 画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。


本件に関するお問い合わせ
本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

本調査に関するお問合せ先
株式会社アイ・エム・ジェイ
クロスコミュニケーションUXM本部 担当:小野・鈴木
TEL:03-6419-9112

報道機関からのお問合せ先
株式会社アイ・エム・ジェイ
ブランド・コミュニケーションユニット 広報
TEL:03-6415-4257 E-mail:irpr@imjp.co.jp